経営理念と経営方針

あなたは、どういった側面から社員さんを評価しますか?

評価項目を考える際に、社員さんの現状の働きぶりを思い浮かべてしまうと、どうしても不満な点にばかり目が行きがちです。トップページに書いた“評価のための評価”に陥ってしまいます。

そうならないためには、会社の方向性、つまり経営理念や経営方針を明確にすることからスタートします。

なぜならば、経営理念や経営方針は、人事評価制度を作るときの物差しになるからです。
評価項目の内容やそれらの優先順位をどうするか迷った場合は、これら理念や方針に照らして合わせて妥当かどうか判断します。

経営理念や経営方針をお持ちでなくても構いません。
以下の問いに答えると、何となく姿を現します。

  • 我が社と取引することで、お客様にどうなってもらいたいか?
  • 我が社と取引したお客様から、どんな言葉をかけてほしいか?
  • そのために、我が社は、お客様にどんな価値を提供すべきか?
  • 自分自身、この会社で仕事をしていて、一番嬉しかったことは何か?また、どんな点で成長できたか?
  • 将来的に、どのようなお客様と取引したいか?
  • そのお客様に、どんな商品やサービスを提供したいか?

出てきた答えをわかりやすくまとめると、経営理念や経営方針の出来上がりです。

難しく考える必要は全くないです。思いつかなければ、同じ質問を他の役員さんにしてみましょう。意外な答えが返ってきて面白いですよ。いろいろな意見をまとめて作ってもよいでしょう。

出来上がったら、社員さんに発表してください。
なぜ、どのような思い・考えから、このような経営理念や経営方針を立てたのか?背景もしっかり説明してあげてください。


先に進む>>



お問い合わせ